何が行われるの?カードローンの審査!

最初に行われるスコアリング審査

カードローンへ申し込むと、最初に行われるのはスコアリング審査と呼ばれる機械的な審査です。申込時に記入または入力した個人情報と勤務先情報を基にして、正社員や派遣社員といった属性に対して点数化を行い、合計点数が基準以上ならばスコアリング審査通過として本審査へ進みます。スコアリング審査は、コンピューターにより自動的に行えるので、足切り審査という側面を持つわけです。
本審査へ進む前にスコアリング審査により審査対象者を減らすことが出来れば、人の目を介した本審査に割く人件費を削減出来ます。過去のデータベースにより導き出された属性情報に基づく貸し倒れ率が基準となるので、同じ金融業者であってもカードローン商品ごとに必要なスコアは変わります。

本審査では信用情報照会と在籍確認がある

スコアリング審査に通過した後は、人の目による本審査が行われます。金融業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報照会を行い、申込時に記入または入力した申告内容と一致するか確認します。他社を含めた金融事故を起こしていないかという状況や、勤務先情報が他社へ届け出ている会社と同一かといった辻褄をチェックするわけです。
貸金業法に基づく融資を行う消費者金融や信販会社は、他社を含めた借入額が年収の1/3以内に収まるかといった総量規制に抵触しないか確認します。最後に、実際に勤務先へ現在も勤めているか在籍確認電話をかけて、間接的に在籍が確認出来れば最終審査担当者へ引き継がれる流れです。全ての審査に通過した時点で、審査結果が通知されます。

© Copyright Borrowing Diagnosis. All Rights Reserved.